ひろしまブランドショップ TAU

サイトマップ

広島県からのお知らせInformation from Hiroshima Prefecture

広島県 ひろしまアンバサダーズ石原慶幸氏ロングインタビュー

更新日:2021年03月22日

  首都圏で「ひろしま」にゆかりのあるお店が一緒になって「ひろしま」を応援するプロジェクト「ひろしまアンバサダーズ」。その初代「ひろしまスペシャルアンバサダー」に就任された石原慶幸さん。
 昨年12月に広島県内で行われたポスター撮影の際に、引退後の今のお気持ちや伝説プレーのエピソード、これからのことなど、思いをたっぷりお聞きしました。

明るい声でスタジオ入りしてくださった石原さん。
まずは昨年11月の現役引退からはじめてのオフシーズン、どのように過ごされていますか?

 そうですね、やっぱり選手時代は毎日朝起きたらトレーニングや練習、来年のことを考えるなど、やることも多かったですからね。
 いまは本当にリラックスして家族と過ごしています。
 練習もトレーニングもしなくていいというか、あまりにも何もしてないので身体的にはこれでいいのかなと心配しながら、でも何もしてないです(笑)。日々をゆっくり楽しんでいます。

昨年の引退セレモニーについて、たくさんのファンの皆さんとの最後のシーンで一番印象に残っていることは?

 球団をはじめ、ファンの皆さんのおかげでとても思い出に残る、中でも一生の思い出となるセレモニーになり、本当に感謝しています。
 コロナという異例の状況の中でしたが、最後の応援をいただいてあんなに素晴らしい引退試合をさせてもらったのは、本当にファンの皆さんのおかげです。
 オープン戦、開幕試合から無観客試合になり、今までにはないシーズンの始まりで、想定外のことがいろいろとある中、改めてファンの方のありがたさというか、もちろん今までも感謝していましたが、声援や応援のありがたさを実感し、再認識する機会になりました。

カープひと筋19年、いちばん楽しかったことは?

 やっぱり2016年ですね。25年ぶりに優勝したシーンは今でも鮮明に覚えています。
 僕が入団してからずっとBクラスが続いていて、責任も感じていましたしね。結果として続いて3回優勝できましたが、初めての優勝を経験できた年は、また違う意味で特別だったなと思います。

優勝の前後のときには首都圏でもたくさんのファンが広島を応援して、広島ファンがスタンドを埋め尽くす感じでしたよね。

 初めてクライマックスが決まって甲子園で試合をしたときには、甲子園の半分が真っ赤になるのを初めて見ましたし、関東の試合では、毎回レフトスタンドがもう真っ赤に染まるんですよ。いやもう、すごいとしか言いようがないというか。
 関東圏にも、それだけ多くの広島にゆかりのある方が仕事や生活をされているんだなと感じましたし、応援していただけたという印象があります。
 広島に行ったことのないカープファンもいらっしゃったりで、カープファンの方が全国に、本当にたくさんいらっしゃることを感じました。

選手時代にはプレッシャーも大きかったと思いますが、選手としてあるいは自分として、つらかったことなどは?

 つらかったのは、勝てないとやっぱりつらいですよね。入団からずっとBクラス、そんな中でもたくさんの方に「頑張れよ」と応援や、温かい言葉をいただいていて。
 ファンの方に対しては、勝って、優勝して返していくというのが、野球選手としての仕事というか宿命だと思っていたし、やっぱりそれで結果が出ないと、それほどつらいというか申し訳ないことはなかったです。やっぱり勝たないとそういう気持ちになるんですよ。
 そういう意味で、いろいろあったその先での優勝は充実した時間でした。

石原さんのちょっと面白いエピソードとして「一握の砂」がありますが、当時のとっさの判断は、実はどういうことだったのでしょう?

 自分としては本当にボールが消えた!というか、神隠しにあったみたいなものだったのですが、逆に周りから見ればすごくボールが見えているんですよ。「うしろ後ろ!」「下だ下!」など、いろんな声が聞こえて。
 でも僕は全く見えていないわけです。
 内心はもう、はやくボール取りにきてくれよ、いいから早く来てくれ!!と思っていました(笑)。
 次のイニングを守りにいったら、当時の横浜ベイスターズ、中畑監督が大爆笑されて「あれは良かったよかった、面白かったよ」と言われた記憶がまだ残っています。
 引退してから振り返りでそのシーンを見る機会が多いのですが、あとから見ると恥ずかしいですよね。すぐ足元にボールがあるのに、なんでこれが見えないのか、よくわかんないんですけど。
 これは本人にしかわからないことです(笑)。

石原さんは選手同士での食事会を大事にされていたと聞きますが、どんな選手と食事に行かれていましたか?

 選手時代は會澤選手だったり、小窪選手だったり。新井さんと一緒にプレーしていたときは、新井さんとも結構頻繁に、でしたね。
 みんなともまんべんなく行ってましたよ。

どんな時に食事に行かれることが多かったですか?3連戦の最後とか、負けた日に行くとか、勝った日とか?

 そういうのはあんまりなかったです。
 悔しい負け方をしたときは予定をやめて行かなかったこともありますけど、基本的に普段はずっと長い時間みんなと一緒なので、食事くらいは別でゆっくりと楽しみたいという気持ちもありましたしね。
リラックスというか、気分転換のために行くという感じですね。

選手の皆さんで食事に行くときのお店選びは、どうされていましたか?

 野球選手は、からだも声も大きくて目立ってしまいがちなので、僕ら主導というよりは、なるべくまわりの方に迷惑がかからないようにお店を選ぶようにしていました。迷惑をかけずに楽しく過ごせるところですね。
 先輩や後輩、相手によって場所を変えたりとかはあんまりなくて、むしろ後輩にお店を選んでもらったりとかもありましたよ。皆で囲んで、顔を合わせて話せるような場所も多かったですね。
 そういう意味では、実は選手時代は限られたお店にしか訪れることができなかったので、引退してこれからは行きたいところに行くというか、お店をいろいろ回りたいです。
 日頃よくしていただいた飲食店の方にもご挨拶したいですし、いままでお世話になった方のところには、チャンスがあれば全部行きたい気持ちです。

広島に来られた他球団の方とも一緒に食事をされたり?

 実はあんまりないんですよ、他球団の方とは。ポジション柄というか、キャッチャーでしたから野手の方と一緒に行くというのは避けるようにしていました。情が入るとかはもちろんないんですけど、あえて距離を置くというか、あまり機会は多くなかったですね。
 逆にこれからのほうがいいかもしれないですね。

ではご自身のことについて、食べるときは、好きなものから先に食べる派ですか?後から派ですか?

 ちっちゃいころは、僕は好きなものは後に食べる派だったんですけど、だんだんとね、とられるというか。ハハハ。
 男三人兄弟なので、自然と力関係的にそうなるし、そこからなるべく好きなものは先に食べるようになりました。
 それでもまだ食べたかったら、もう一回注文するとかね(笑)。

ご自身で料理はされますか?

 料理はまったくしないので、食べる専門です!

野球選手になってなかったら?何をされていたでしょうか?

 野球をやり始めてからは、プロ野球選手になるという憧れは持っていましたね。
 あとは、僕はバスケットも大好きでしたよ。ちょうどマイケル・ジョーダンの全盛期の頃ですね。
 パイロットや学校の先生にも憧れはありましたが、やっぱりからだを動かしているほうが落ち着くので、何かしらスポーツはやっていたと思います。

キャッチャーを選んだのは? 憧れの選手はありましたか?

 小学校の時、兄の少年団についてまわっていて、自然と僕も野球を始めることになったのがきっかけです。真ん中の兄がキャッチャーをしていたので、兄ちゃんがキャッチャーをしてたんだから、お前もやれと。
 実は初めは自分でやりたくてキャッチャーを始めたわけじゃないです(笑)。憧れの選手は、小学校のころはなかったですね。
 岐阜では広島の情報はすごく少なかったし、地域的に中日とジャイアンツの情報くらいしか入ってこなかったですから。
 やっぱり大学に入ってからですね。カープといえば金本さん、江藤さん、野村謙二郎さん、緒方さんという全盛期で、プレーを含めてすごいなこの人達は、っていう気持ちでした。

今年からは第2の野球人生のはじまりですね。新しい年、こうしたいという石原さんの2021年のプランは?

 今年からは野球解説者として、初めての経験であり仕事になりますが、新人ルーキーですから!(笑)まずは一生懸命勉強です。
 外側から野球を見るのも初めてなので、そこで気づくこともたくさんあると思いますし、そういったものを含めて視聴者の皆さんに伝えていけたらいいなと思っています。

ファンの方も楽しみにされていますね。

 ぼくは不安でしかないけど(笑笑)。

これから先のビジョンというか、野球解説者からその先も含めて、夢や携わっていきたいことなどは?

 ビジョンは正直まだないというか、これまでは野球しかしてきていないので、もちろん野球に携わっていきたいとは思いますが、こうなっていきたいというのはまだないですね。
 たとえばユニフォームをまた着るチャンスがあるとしても、僕だけの思いではもちろんそれはできないし、タイミングというか相手があることですからね。
 今はまず新人として野球解説をしっかりと学びながら、また新しいことを見つけていくという感じですね。

役のときには、長期の遠征などが続くと広島に帰ってきたいなあとか、早く帰りたい!などありましたか?

 やっぱり落ち着きますよね、広島は。
 安心します。帰ってこれると。

広島にはこれからもいていただけるんでしょうか?

 もちろんそうです!広島が本拠地なんで。
 広島は人生で一番長いですからね。

首都圏で広島にゆかりのあるお店を応援する企画をはじめ、ひろしまアンバサダーとして、これから広島県をいっしょに応援していただけるでしょうか?

 もちろんです!!応援させていただきます!


クリアファイルのデザインになったひろしまの「ひ」のマークでポーズ!

伝説のプレーがポスターに!?アンバサダーズショップに貼っています!

 現役時代にはチームのコミュニケーションを大事にされていた石原さん、明るく真っ直ぐなお人柄を感じさせる語り口で、終始しっかりと目をみて話してくださったのが印象的でした。
 ひろしまアンバサダーとして活動していただけるのが本当に楽しみです。
 石原さん、どうぞよろしくお願いします!!

「食べログ」特別サイトでは、
ひろしまスペシャルアンバサダー就任を記念した石原 慶幸さんインタビューを期間限定で公開中!

PCでご覧の方はこちら

スマートフォンでご覧の方はこちら

商品や店舗に関するお問合せ

ひろしまブランドショップTAU 〒104-0061 東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング TEL 03-5579-9952(代表) FAX 03-5579-9953

ブランドショップ全般に関するお問合せ

広島県商工労働局観光課 〒730-8511 広島県広島市中区基町10-52 TEL 082-513-3441 FAX 082-223-6314