ひろしま さとやま未来博2017『廃校リノベーション』の費用の一部をクラウドファンディングで募集しています。

ひろしま さとやま未来博2017『廃校リノベーション』の費用の一部をクラウドファンディングで募集しています。

廃校にあなたの名前を残そう!

来年3月に開幕する『ひろしま さとやま未来博2017』のシンボルプロジェクトの一つ『廃校リノベーション』。
新国立競技場の設計を手掛けられた建築家隈研吾さん監修のもと、庄原市の(旧)小鳥原小学校、三原市の(旧)和木小学校、江田島市の(旧)沖保育園を魅力ある空間に再生し、地域の新たな拠点づくりを進めます。
広島県では、この建物の整備費用の一部をクラウドファンディングで募集することになりました。
これまでに、地域住民、建築を学ぶ学生、地域おこし協力隊など延べ400名以上の方がワークショップに参加し、熱く意見を交わしました。来夏にはデニム・牡蠣・竹など地域の素材を使った新たな空間に生まれ変わります。
寄付いただいた方全員に名前入りの下駄箱を設置。
その他、隈先生とまわる施設見学ツアー等多彩な特典をご用意しています。
地域の熱い想いを形にするために、ご協力をよろしくお願いします。

スケジュール
2016年12月19日:クラウドファンディングスタート
2017年3月〜:施設の詳細設計
2017年3月18日:クラウドファンディング終了
2017年春:改修工事着手
2017年夏頃:完成予定
※リノベーションの際には、ワークショップ参加者のほかにも参加者を募り、DIYなどの作業を行う予定です。
※上記スケジュールは現時点での予定であり、変更となる可能性があります。

このプロジェクトの詳細はコチラ

「ひろしま さとやま未来博2017」についてはコチラ

このページの上部へ